休日にラグビーライターをすることもある(けどお休み気味)

平日は私企業で営業マン、休日は時々ラグビーライターをしている30代男性のブログです。ラグビー関連イベント、普及活動、マイナーリーグ、取材依頼もお待ちしております。

野球と日常。

「この展開はつまり オレ達が今までどんだけモノ考えずに野球してきたかってことなんだよなぁ」

というセリフが、おおきく振りかぶってという野球漫画の中で
一方的な展開で負けそうな気配の高校側のピッチャーから出てくるんだけれども、
今の仕事についてはまさしくそんな展開。

おおきく振りかぶって(10) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(10) (アフタヌーンKC)
(2008/05/23)
ひぐち アサ

商品詳細を見る

そのなかで、「気づいたところで、今のオレにできるコトは1個も増えねェ 
先頭切ろうっていつも通りくり返して 投げるしかねェよ!」と彼はまた投球動作に入る。
タラレバは言い出しても仕方のないことだし、これからどうしていくか、どうしたいのか。
よかったこともたくさんあったわけで、でもじゃあどうするかって少しでも早く変えていく方向と、
その努力を考えなくてはならないのだと思う。
人生は野球じゃないから。

余談ですが、このピッチャー、わりといい台詞をもらってる。
いい、というか個人的に好きな台詞かな。一見後ろ向きなんですが、よく読むととても前向き。
「負けるにしたってアウト取らなきゃ終われねェんだから 野球ってシンドイなぁ!」
って、野球の面白さのひとつを端的に表現してると思う。