休日にラグビーライターをすることもある(けどお休み気味)

平日は私企業で営業マン、休日は時々ラグビーライターをしている30代男性のブログです。ラグビー関連イベント、普及活動、マイナーリーグ、取材依頼もお待ちしております。

気がつくと

9月なのに昼間は夏のような日々が続きますね。
なので汗が。
ベースを担ぐと汗が。

ふと思い立って、アルキメデスのように(?)ベースを担いだ自分と、そうでない自分の重さを
体重計で比べると12.5kgほど。
10kgぐらい太ると、ベースを担いでるときのように汗が出るのだろうか、とか考えてみたり。
一度太ると体重が戻りにくくなりつつある気がする昨今、毎日ストレッチすることからはじめました。
今月で僕も26歳ということで、
なんていうか、月日の流れも感じるし、あのときの誰々よりももう年上かぁとか、いろいろ思うところがあります。

例えばそろそろ100m走もマラソンも、これ以上早くならないということ。
今の自分の潜在能力とかをフルに使えるようにすることで、記録としては早くなるかもしれないけど、
そうではなくて、自分の潜在能力・ポテンシャルが伸びないという意味で。

わかりにくいかもしれないですが、100m走で体をフルに使うとポテンシャル50で12秒、以後ポテンシャル10につき、
1秒ずつ早くなっていくとすると、
           15歳 18歳  25歳  30歳  35歳
ポテンシャル   50   70   60    50   45
フルに使ったとき 12   10   11    12   12.5

ってなるじゃないですか。で、自分のタイムが

           15歳 18歳  25歳  30歳  35歳
ポテンシャル   50   70   60    50   45
実際のタイム   14   13   13    13   14

だったとすると、25歳の僕はフルに体を使えば2秒タイムを縮めることができるので、
タイムはよくなるかもしれないけど、同じようにフルに体を使ったときの18歳には勝てない、っていう。

・・・なんか余計にわかりにくいな。

まぁでも、ものすごい当然なんやけど、でもそれはものすごいことやと、思う。
肌とか。
これから手入れをしっかりすることでもっときれいになるかもしれんけど、
最大限きれいにしても、18歳のときの最大限きれいな肌には及ばない、みたいな。
そう思うとちょっと気が滅入るけれども、まだまだポテンシャルは発揮しきれていないはずなので、
さっきの話でいくと、ポテンシャルを伸ばせなくても、実際何秒で走れるのか、
つまり「何ができる能力があるか」ではなくて、「実際に何ができるか」を伸ばしていきたいと思います。

きれいにまとまったところで、ライブのお知らせです。

▽9月17日(土)
ライブハウスよりもゆったりと観られるオシャレ居酒屋的ライブバーのような。
新しい曲も2曲やります♪

・場所 西荻窪「w.jaz」 http://www.wjaz.info/
・時間 20時30分頃
・料金 1,000円 (この値段で1ドリンクと軽いおつまみ付きです。安い!)



最近読み終えた本たち
8/31
二十歳の原点 (新潮文庫)
二十歳の原点

9/2
世紀風雪〈上〉幻のラストエンペラー
世紀風雪<上>

9/4
28歳の仕事術―ストーリーでわかる! 失敗しないフレームワークの使い方 (日経ビジネス人文庫)
28歳の仕事術

9/11
2100年、人口3分の1の日本 (メディアファクトリー新書)
2100年、人口3分の1の日本