休日にラグビーライターをすることもある。

平日は私企業で営業マン、休日は時々ラグビーライターをしている30代男性のブログです。ラグビー関連イベント、普及活動、マイナーリーグ、取材依頼もお待ちしております。

【2/21追記】2/25 サンウルブズ開幕戦の立ち見席 封鎖の件

先日18日のオールスター戦を終え、いよいよ今週末開幕のスーパーラグビーサンウルブズは初戦に難敵ハリケーンズを迎えます。

 

で、チケット情報とかを見ていると、ちらちら気になる書き込み。

 

 

 まぁ間違いなく理由はこれですよね↓

 

sunwolves.or.jp

ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ オフィシャルサポーター
MAN WITH A MISSION
2月25日(土)開幕戦でパフォーマンスを披露!
“ピッチ内スタンディングエリア”に800名を招待

 

f:id:nogu-t:20170220074839p:plain

Sunwolves公式サイトより

【ステージ前方に設けられた観覧スペース“ピッチ内スタンディングエリア”】が赤いエリア。つまり立ち見エリアがステージになるから、封鎖、ということですよね。パフォーマンスは11:50~、キックオフは13:15。20~30分で4曲ぐらいやって、撤収して、試合開始直前に開けて……は確かに危うい。運営側の都合で言えば封鎖してしかるべきでしょう。

 

逆に見に行く側からすると立見のエリアって、好きでここで見たいって人も多いエリア。しかもそういう人って「ずっとラグビーが好きで見に行ってた人」も多いと思われます(エビデンスはないけど)。かくいう私もシーズンに1度はこのエリアで観戦するし、最前列にプロさながらのレンズを持った皆さんが並んでいたりします(”望遠レンズ”の定義については実際注意されていないのだから今回はあまり深く触れない)。また昨シーズンは外国からいらっしゃった方も多くいたイメージがあります。

そういう人ってたいてい「ロイヤルカスタマー」で、味方にするべき人だと思うんですよね。一緒になって盛り上げていこう、応援しようぜ、的な。で、そういう人たちに「立見は封鎖することになったから自由席に行ってね」って1週間前に連絡するのは、あまりに印象が悪いと思うんですよ……。だいたい、それで自由席足りてるの?という気もしますし……。

 

MAN WITH A MISSIONのパフォーマンス」にどれだけ集客効果があるのかは私には見当がつかないのだけれど、告知されたのが2/10。ぎりぎりまで調整をしていたのかもしれないけれど、もっと他にやりようがなかったのか、と問いたくなるのは確か。当日封鎖して、パフォーマンスが終わった後は空けとくの?とか、(締切は明日までとのことですが)どれぐらい応募があったんだろう?とか、「MAN WITH A MISSION」が好きでちょっとラグビーにも興味がある、という人はもう自由席も買えないので、B指定の場所や、A指定以上の値段を出してラグビー見に来てくれるのかな?とか、一度立見を買ってこういう扱いを受けた人って、次からどういう気持ちでチケット買うのかな、とか、とか……。

 

行ってみないとわかんないですし、ジャパンSR側の意図は聞いてみないとわからないのだけれど、なんだかスッキリしないところも多いし、早く公式から正式なメッセージを出すべきじゃないのかな、と思った次第です。

試合は楽しみにしてる!

 

---2/21 追記---

カスタマーセンターに問い合わせたところ、理由としては、このパフォーマンスによるもの。25日は終日封鎖で、パフォーマンス終了後も立ち入りは不可。残念ながら試合中は空いたままになってしまうようです。

立見席を購入済みの方には自由席への移動をお願い済みで、基本的には自由席で数が足りる計算になっているとのことでした。

万が一、足りなくなった場合は、B指定など他の席へ振替を予定しており、そこで差額の負担などは発生しないそうです(あくまでも優先は自由席で、他の席への振替は緊急の場合の処置とのこと)。

 

何件か問い合わせも入ってる雰囲気でしたが、公式発表、しないつもりなのかなぁ。。。