休日にラグビーライターをすることもある(けどお休み気味)

平日は私企業で営業マン、休日は時々ラグビーライターをしている30代男性のブログです。ラグビー関連イベント、普及活動、マイナーリーグ、取材依頼もお待ちしております。

現代思想の冒険

現代思想の冒険 (ちくま学芸文庫)

現代思想の冒険 (ちくま学芸文庫)

「読者自身の日々の思想に架橋する、スリリングな入門書」のうたい文句のとおり、
現代思想のいわゆる入門書的な一冊。
現代思想の現状について、ポストモダン状況とはなにか。そしてそれはどこから来たのか。
ソシュールボードリヤールデリダらから始まり、
ヘーゲル、カントまでさかのぼり、そしてまたニーチェハイデガーバタイユから
著者自身の思想へと流れていく。

内容もさることながら、冒頭の「思想について」がなかなか面白い。

思想は、最終的には一般化され得ない部分を持つのだが、
しかし思想がそういう(世界を編みかえるという)固有のニュアンスを伝え得るのは、
それが一般化されるような場面を通してなのである

()部分の補足は僕。
思想や哲学は「こうだ!」という言葉だけが印象的ではあるけれど、
それがどういう考えの下にもたらされ、それが(あるいはそれをうけて)
自分にどうなのか、というあたりが本当に面白いところだと思います。



書評系のブログは難しい。
とりあえずこれは自分の読書録、という形式だけれど。