休日にラグビーライターをすることもある(けどお休み気味)

平日は私企業で営業マン、休日は時々ラグビーライターをしている30代男性のブログです。ラグビー関連イベント、普及活動、マイナーリーグ、取材依頼もお待ちしております。

本の現場

本の現場―本はどう生まれ、だれに読まれているか本の現場―本はどう生まれ、だれに読まれているか
(2009/07/14)
永江 朗

商品詳細を見る

前々から読みたかった本。
とはいえ、これが書かれたあと(本書は2005年から2007年までの連載を加筆してまとめたもの)
も本の現場は刻一刻と変化している。
アメリカでのキンドルのヒット、Google著作権の問題etc、etc。

あくまでも「本」は形態でしかない。
ゆえに情報を伝えるための手段としての本、
時に人生を変えるような刺激を与える文学としての本、
それぞれの「本」が抱える意図、目的、その他諸々によって、
今後「本」はより棲み分けが進むのではないかというのが僕の意見。
例えば2時間で読んで、それっきりのビジネス書と、
ふと3年後に読み直すこともある小説と、
同じ「本」として語りうることが、今後もっと難しくなるのではないでしょうか。

そういう中身からの観点だけでなく、
流通、生産といった切り口からも、本の現場が語られております。