休日にラグビーライターをすることもある(けどお休み気味)

平日は私企業で営業マン、休日は時々ラグビーライターをしている30代男性のブログです。ラグビー関連イベント、普及活動、マイナーリーグ、取材依頼もお待ちしております。

無人島に生きる十六人

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)無人島に生きる十六人 (新潮文庫)
(2003/06)
須川 邦彦

商品詳細を見る

解説で椎名誠が「十六中年漂流記」なんて言い方をしていて、
さすが言い得て妙やなぁと思います。

夜の海を若い人に見せると懐郷病になるから、とか、
希望を失うことが一番恐ろしいことだ、とか、
手を動かしていると余計なことを考えない、とか、
いろんなエッセンスが詰め込まれた一冊。
挿絵も素敵。
もうちょっとシビアというか渋くまとめても別の面白さがあるんでないかと思います。